筆者にメールを出す

連絡は以下のアドレスにメールして下さい。スパム対策で、画像にしてありますので、コピー&ペーストはできません。お手数ですが、手打ちでお願いいたします。

なお、掲示板も用意しています。公開しても構わない場合は、そちらを利用した方が楽ちんかも知れません。

おまけ「今日のジョーク」

サイト「Joke Warehouse.com」からお借りしているプログラムです。毎日更新。笑えるかな?

ヘッダ等しか表示されないときがありますが、まだ準備ができていないのだろうと大目に見てください。時差の関係もあるので。

おまけのおまけ(けっこう本気なんだっていう能書き)

→ジョークが英語の真髄だって分かっていただけましたか? 英語におけるコミュニケーションでは、ジョークが最も大切なコンテンツなんです。英語圏のネイティブたちは、みんなジョークの引き出しを一つでも多くしようと、結構努力します。だからジョーク集のサイトも充実していますし、本も多く出ています。

ちょうど日本語世界における「季節感」に近いような気がします。われわれ日本人は、他者とのコミュニケーションで季節感をよく引き合いに出します。究極の日本語である俳句において、季語を入れることがルールになっていることからも、日本語世界における季節感の重要性が見て取れます。

季節感を構築できていなければ、日本語で(「ああ、日本語だなあ」って意味で)感動することは少なくなります。その言語で「感動できる」ことこそ、その言語世界を「本当に自分のものにしている」ことと言ってもいいでしょう。(よくない?)

日本語世界を本当に自分のものにしようとするなら、日本語世界において大切にされている「季節感」を軸にして構築していくのが、王道ですし、効率もいい。

ジョークが英語世界で大切にされているんなら、英語学習者であるぼくらも、ジョークをテキストに選べば、最も効率が良くなります。

ジョークで学ぼう!
いよいよ笑える英語が開講。仲間と交流しながら、400を超えるジョークで英語を楽しみましょう。
メルマガ購読(無料)
殿堂入り 「笑える英語」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 
SEO [PR] Z[ t[Mtg@KF ₦΍ ^T[o[SEO