正しい勉強法への道

英語学習の悩み、解決いたします(偉そう?)。でもきっと参考にはなると思います。なにせ、ガチガチの英語アレルギーが治ったんですから。英文を見るだけでユウウツになっていたのが、今ではほとんど辞書なしで、ペーパーバックなんか楽しんでるんですよ!

読むのに20分ほどかかります。英語学習に悩みなんてないよって方は、どうぞ飛ばしてください。でもきっと、ほとんどの方が悩んでいらっしゃると思います。だって、筆者も特別変な教育を受けた訳じゃないんですから。ごく普通の教育をされてしまったばっかりに、英語アレルギーになってしまって…。

英語を楽しく読めますか?

皆さんには「あいつって英語、全然平気だよね」って言える友だち、何人いますか? 身構えた感じもなく、まるで当たり前のようにペーパーバック(注1)や英字新聞を読んだり、海外のサイトをどんどんチェックしている友だちが。帰国子女でもないかぎり、いないでしょう?

受験、TOEIC、TOEFL、英検など、「成績」なら良かったりするのに、フツーに英語に接している人、ほとんどいないですよね?

それっておかしくありません? ぼくらは10年近くも勉強を続けるんですよ。それで結局、ほとんど誰一人(本当の意味で)モノにできないなんて! 10年ですよ、10年。生半可の時間じゃありません。まったく…。

ゴールが遠いんだからしょうがないっていう部分もあります。でも、せめて「ゆっくりだけど、ゴールに近づいている」って手ごたえくらいは欲しい。ところが実際は、なんだか日に日に英語が嫌いになってくる!

(注1)ペーパーバックとは?
paperback。少し厚いだけの紙で表装された本で、ハードカバーの本よりも安く軽い。洋書における文庫本にあたる。読めないうちは変に臭い。読めるようになると、その匂いがたまらなくなるもの。デイパックに無造作に放り込んでおくと、かっこいいような気分がする。ペーパーバックを読むことこそ、英語学習者の夢の一つといってよい。

勉強が足りないのか?

「何事も、ある程度のレベルまで達しないと、楽しさは得られないものだ」って、よく聞かされがちで、それを根拠に自分の勉強不足を原因にしてしまいます。

筆者も「楽しくなるまで、一日一パラグラフだ!」なんて苦行を自分に強いてみました。でも、いつまでたっても楽しくならないし、ぜんぜん実力もつかない。「この単語、何回辞書引いてるんだよ!」と自分の記憶力のなさを確認するばかり。

英語という名の修行(英語は修行なのか?)

そうやって10年間、筆者は右往左往、七転八倒、五里霧中しました。

自分だけの単語帳を作ると良いと聞けば、作りました。あっという間に二度と読む気のしない分厚さになりました。

東大生が読む教科書だと言われれば、つまんねえのを読みました。その文章は読めるようになっても、それでほかの英文も読めるようになるわけはありません。

構文だってことで、構文の参考書を引っぱり出し、例文を丸覚えしました。でも、構文が分からないわけじゃないんだって結論が出ただけでした。

ドキッとしませんか? 英文読解に関して「これが道だ」と言われていることばかりですよね。きっと読者の皆さんの中にも「まさに努力中」って方がいらっしゃると思います。

間違っているのは誰?

オーケー、やることはやった。それでゴールは近づいたか? きっぱり「ノー」。英語を読むことが楽しくなったか? はっきり「ノー」。勉強が足りないんだろう? 怒りの「ノー」(上記の勉強に何時間かけたと思ってんだ!)。

ここで初めて、こう言えるわけです。間違っているのは誰? 「ぼくじゃない」。

たったこれだけの結論を出すために、10年も無駄な努力をする価値はありません。せめて読者の皆さんには、その道をパスしていただきたい。間違った努力をしても、得るものは少ないですから。

じゃあ、いったい何が間違いなの?

つまり、ぼくらの思い込みです。「英語は勉強するものだ」という。では、そろそろ次のページに(→TOEIC対策だって!?)。

ジョークで学ぼう!
いよいよ笑える英語が開講。仲間と交流しながら、400を超えるジョークで英語を楽しみましょう。
メルマガ購読(無料)
殿堂入り 「笑える英語」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 
ちゃんと学べる教材

英語教材 すべてを一覧

NHK英語講座 始めよう!

英字新聞 実用英語を読もう

アルク 通信講座の王道

SEO [PR] Z[ t[Mtg@KF ₦΍ ^T[o[SEO